☆四国犬・玉大陸的生活記☆

四国犬・リクの生活記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新年明けましたヽ(´ヮ`)ノ  ~系統のお話~

明けまして御目出度う御座いますm(_ _)m
とりあえず新年の挨拶をせねば今年も始まらない感じなんで。。(^^;
今日は特記事項は特にないです。

この前伺った北中華のご主人と奥さんですが、かなりの長春マニアだったことが判明。
前出ではありますが、ご主人のお父上の代からの四国犬愛好家。
昔のアルバムには殆ど長春系のみ掲載しておられました。

で、系統についてのお話ですが。。
今現在、長春系のみを作出しているところは全国でも殆どないそうです。
つーか、本川系、幡多系などと分類分けすること自体が話題に昇らないとのこと。
系統のこと色々質問する私に、ご主人は「変わってるね~今どきそんな人おらんよ」と笑って申してました。
うちに来る仔犬が何系か・・・って考えるのは、結構楽しいなと思ってるんですが。。
うちに来る仔犬の母犬犬舎、超有名犬舎ですが、ここは松風系が好きなとこらしいです。
やはり、展覧会映えするのは被毛のごつく骨量のある松風系だとのこと。
父犬犬舎は、内閣総理大臣賞受賞犬を排出したとこですが、系統はごちゃまぜとのことですw

そもそも、私の住む広島県福山市は四国犬のメッカと言われていた場所柄です。
福山系と言われる系統も一時あったと聞きました。
その福山は、以前は長春系しか許されなかった場所柄でもあったそうです。
昭和50年代に入って、松風系、長春系とごちゃまぜになっていったと聞きました。

私のような素人でも分る長春系と松風系の見分け方とかもご教授して下さいました。
素人に一番分かりやすいのは毛質とのこと。
白がはっきり出てるかどうか、下毛が充実してるかどうか・・など。。
あと、長春系の目型は南天の葉を押し付けたような形だとか。
目つき、毛質、体質で大体の系統は判別できるとおっしゃってました。
奥さん曰く、歴代飼われた長春系は女性でも散歩がしやすかった・・・意のままに歩いてくれて、力がいらないとのこと。

ご主人現在長春系の赤毛オスメス各一匹づつと私には何系か判別不能の胡麻オスメス各一匹飼っておられます。
私の見たところ、一般的に目つきの鋭い長春系と言われますが、何系か分からない胡麻のオスの目つきの方がマジ怖いって感じでして。。
一切吠えもしませんが、近寄りがたいオーラを噴出してました。
オーラとゆーか、闘気とゆーか。。
動物園で昔観た狼か豹か、その類いの獣性と同様のものを感じました。
その犬が、今度うちに来る仔犬の叔父にあたる訳ですが。。
あれは、野獣だなと思いました。

てことで、新年の挨拶がてらつまんないこと多く書いてしまいました(^^;
皆様今年も宜しくです。

  1. 2007/01/02(火) 22:24:29|
  2. ~系統の話~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生後12日目 ~福山一座から~ | ホーム | 貴重な写真>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anarchic.blog68.fc2.com/tb.php/15-ccaa5a4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

atoman

Author:atoman
welcome to my doghouse! ^_^
RICOH GRD3で綴る犬景色。
※画像の無断転用禁止致します

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。