☆四国犬・玉大陸的生活記☆

四国犬・リクの生活記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生後142日目~紀州犬遭遇~

一昨日のことです。
いつものようにだだっ広い広場に散歩に行って、遊んで帰る時のこと。
夕日に照らされて白い犬がこちらにやって来ました。
なんと、正真正銘の紀州犬w(゚o゚)w
そして、引いているのはなんとも華奢な若奥様!
半ば犬に引っ張られながらも、女手1つでほぼ成犬の紀州犬を散歩させています。
「紀州犬ですよね?」と私。
そこから我を忘れて質問責め(笑)
聞けば生後7ヶ月の雄で、呼び名は奇しくも“りく”(爆)
平仮名だそうです♪
リクとりくくんは、警戒しながらも付かず離れずでちょっかいを出しあってました。
20070515191719.jpg

その日は犬同士の軽い挨拶とお喋りで終わりました。
そして昨日も散歩中にりくくんに会いました。
聞けばやはりご近所さんのようで^^
なんでも、白い和犬が飼いたくて、柴の白はいないし秋田犬じゃ大き過ぎる、んで紀州犬になったと。
ペットショップで半年待って取り寄せて頂いたそうです。

そしてリクも慣れたと思って連れて出た今日の散歩。
ちょっとした事件は起こりました。。
またりくくんに遭遇し、いつものように付かず離れずでちょっかいを出し合ってました。
20070515192903.jpg

やがて、紀州犬りくくんがだんだんと興奮してきて、リクにマウントポジションを。
それだけなら問題はなかったんですが、リクが逃げようとした瞬間にりくくん、急に激昂です!
怒号と共にリクの背中に噛みついて、リクもキャイ~ンとw(゚o゚)w
一瞬の出来事でどーにも手の下しようがなく、自転車に乗ったままの私は口ポカン(´д`)
若奥様がりくくんの顔面をカバンで殴って事無きを得ました^^
幼くしてうちに来たリクは犬社会ってものをあんまり知りません。
いきなり初の犬族による鉄拳制裁をくらわされて少々尻尾も垂れておりました。。(;´Д`)

その後リクはテンション下がって、伏せたまんま近寄ろうとはしませんでした。
精神的にも疲れたみたいで(笑)
かたやりくくんは、興奮覚めやらずでよだれを垂らしっぱなし(笑)
とはいえ、数分後にはちゃんと尻尾を巻いてまたしても近づいてちょっかいを出してたリクです(´д`;)

さすがに中型日本犬、野生の本能といいますか、そういったものが凄まじいと感じましたね。
中型日本犬、あなどっちゃいけません!
リクも同じくらいの体格ならば、きっともっと大変なことになってたと思います。
まぁ、“犬同士の接触には厳重注意、常に目を離すな”ってことですね。
これも教訓としてリク共々心してやっていかなきゃ・・・と思いました。

しかし、その後帰りに放犬黒ラブが背後からリクに接近w(゚o゚)w
さきほどの件で懲りたと思いきや、リクもまたテンション上がって猛ダッシュでガウりながら近づいちゃって。。
さすがに私の方が懲りたので、リードを引っ張って近づかせないようにして黒ラブを「来るな!」と威嚇して帰りました。

また明日もきっと紀州犬りくくんに出会うと思います^^
今度はテンション上がる前にさっさと帰らなきゃ・・・果たしてリクの明日はいかに!





  1. 2007/05/15(火) 21:37:54|
  2. ~幼稚犬時代~
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<生後146日目~四国犬と紀州犬~ | ホーム | 生後140日目~渓流探索~>>

コメント

リクちゃんの日々、こちらこそいつも楽しく拝見しています。

四国の男の子は本当に力持ちですよね。
紀州の子ともし、喧嘩仲になったら、逢わないように努力しないと…。
テリトリー意識があってこそ、の犬種だと思いますが、野山ではないし、人も危ないですよね。
展覧会でも、近寄りすぎた紀州と甲斐がよく鼻にしわをよせて吠えあっています。
もちろん四国も参戦していますが。私の印象では
「売られた喧嘩は買う」けれど、まずは相手の様子を静観しているタイプに、四国犬が多いと思います。


秋の展覧会、また楽しみですね。
都も小町も会場が好きではないようなので、多分もう出陳しませんが、都は2歳くらいのときにはじめての全国展で8位(誇れる順位ではありませんが)、小町は昨年の関東連合・若犬で1番を頂きました。
数回の受賞の記念に、幸いにも二つのトロフィーが揃っています。
賞状の他の記念品が水のみだったり、バッグだったりで、
二人分が揃った時は、なんとなく嬉しく大事に飾っています。
これから、リクちゃんは頑張るのですね。

展覧会では、多くの四国犬を見ながらそれぞれの人の四国犬談義を聞くことが、わたしにとっての最大の楽しみ。

atomanさんのご師匠のお話も、勉強になります。


  1. 2007/05/16(水) 12:06:43 |
  2. URL |
  3. たちみみまきお #-
  4. [ 編集]

ですよね~^^ 私は今まで中型と言えば四国犬しか近辺にいないので他の犬種と関わることがありませんでした。
たしかに、おっしゃるよーに四国犬は様子を見て行動を起こす・・・ってのが分かるよーな気がします。
しかし、中型の雄同士ってのは“触発”の雰囲気ただならぬ・・・ですね。
充分に注意して心して対応しなきゃ、と思いました(-_-)/

展覧会、都ちゃんも小町ちゃんもすごいですね~w(゚o゚)w
全国展8位なんて!充分誇れると思います。小町ちゃんももちろんです!

リクを展覧会に出陳するのは、実はそれほど気合いが入ってる訳じゃないんですよ~(笑)
展覧会、私も人の話聞くのが好きで通ってるみたいなもんです^^
まぁでも日頃目にすることのない中型日本犬があんなにいっぱい見れるってだけで私的には嬉しい限りです♪
とか言いながら、秋の展覧会場がうちの近辺ならばまたエントリーするかなぁ・・・ま、リクの成長次第で(笑)

リクの話だけでなく、他にも興味ある系統の話なども機会あれば書いていきたいと思います。
今後とも何卒ですm(_ _)m


  1. 2007/05/16(水) 16:23:17 |
  2. URL |
  3. atoman #Ue1/RQkI
  4. [ 編集]

紀州と遭遇ですか!こちらに和犬は柴の老犬(14歳)しかいません。多分?

リク君無傷で済んだのでしょうか?日本犬のオスは結構やばいですよね。しかも牡同士でご対面となると大事になりかねません。以前甲斐犬を飼っているときにトラブってしまった事があります。

先日散歩をしていると、子供が連れたダックスがリキに近づいてきて、更に威嚇までしてきました。しばらくにらみ合っていましたが、相手が噛み付こうとした瞬間!さっと避けて尻尾をガブッとやってしまいました。リードをすかさず引っ張ったので事なきを得ましたが、冷や汗が出ました。

やはり四国犬、売られたけんかは買ってしまうので、最近では他の犬にあわないよう散歩しています。
  1. 2007/05/16(水) 21:34:09 |
  2. URL |
  3. よし #-
  4. [ 編集]

そーなんですよね>日本犬(^^;
その気になった時の殺傷能力は凄まじいものがあるな、と思いました。
実際あーゆーのを目の当たりにしてみたら、つくづく強さと怖さを実感してしまいます。
幸いにリクはやられた場所が背中だったので、無傷で済みました。
リクはすごく友好的な性格なので(今のところ・・・ですが)、喧嘩になることは未だ経験ないですが、やはりそこは犬なので何がどーなるか分かりませんよね。
しかし、何かあったらやった方もやられた方も嫌なもんです(´д`;)
今後は心して厳重に・・・ですね
  1. 2007/05/17(木) 16:23:54 |
  2. URL |
  3. atoman #Ue1/RQkI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anarchic.blog68.fc2.com/tb.php/55-32934e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

秋田犬

秋田犬 原産国(原産地)- 日本(秋田県)- 各国団体のグループ分類- 各国団体のスタンダード (外部リンク)- FCI、JKC(和1)、JKC(和2)、JKC(En)、AKC、ANKC、CKC、KC(UK)、NZKC、UKC- 備考- グレート・ジャパニーズ・ドッグ(アメリカン・アキタ)と
  1. 2007/05/19(土) 14:21:50 |
  2. 犬を知るサイト

プロフィール

atoman

Author:atoman
welcome to my doghouse! ^_^
RICOH GRD3で綴る犬景色。
※画像の無断転用禁止致します

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。