☆四国犬・玉大陸的生活記☆

四国犬・リクの生活記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

~中国連合展@岡山県笠岡市風車広場~

本日は晴天なり・・(笑)
今日は中国連合展に行って来ました♪
気合いのビッグサイズ画像で報告しますヾ(´▽`*)ゝ

前日の飲み会のせいでビミョーに頭痛がしてたけど、うちから約10km先の会場に9:30頃到着。
案の定リクは車から下りた途端かなりハイテンションヽ(´ヮ`)ノ
あっち見ても犬、こっち見ても犬でウハウハです(笑)

広島支部展とはうって変わって中型犬かなりおります。
リングの周りには四国犬いっぱいで・・・こんな光景展覧会以外じゃ見ることないよね~って感じ。
普段目にすることない四国犬いっぱいで私もウハウハ(笑)
リングの周りでは、順番待ちの犬っち達がお戯れになっておりました。
20071104202052.jpg


リクの親元のご主人、今日は壮犬で出展。
翔帝号(備後吉原荘)
20071104201407.jpg

かなり大きな犬で、規格MAXの55cmだそうです。
リクとご対面してお互いににじり寄ろうとするので、ご主人とは離れて二言三言喋っただけ。
そんな中でリクをじっと見ている初老のおっちゃん有り。。
親元のご主人が「その黒胡麻はうちで生まれたやつよ>リク」とそのおっちゃんに話しかけてました。
その方「おぉ~あのちっこいのがこんなに大きくなったんか!!」
リクの過去を知ってる模様・・w(゚o゚)w
その方ご主人の犬仲間でした。
リクが生まれてからうちに来るまでの間、何度も見に行ってたみたいでして。。
それからはそのおっちゃんとずっと四国犬談義をしながら見学。
珍しい甲斐犬も出展されてます。
20071104203955.jpg


そのおっちゃん、リクはお母さんそっくりじゃ!って話から始まって、これから身体つきも変化する時期なんでしっかり運動さすようにとか。。
あと、あの有名な嶽峰号の想い出。
アタマがよく落ち着いた大人しい犬でちょっと小さめだったとか。。
最近の近郊の四国犬、大柄なタイプは殆どが赤胡麻・赤毛、黒胡麻は小さめが多いとか。。
とにかくいろんな興味深い話を聞かせて頂きました。

時間はあっとゆー間に過ぎ、昼になったんでとりあえず帰宅。
なんにせよ、リクが一緒じゃ写真撮るのもかなり難しいんで昼からは一人で出直しだぁ~(笑)

二次審査始まる前に参考犬の紹介だったけど、間に合わず見逃してしまいました(^^;
そしてリングの方に向かう途中、かな~り存在感のある四国犬に遭遇。
素晴らしい!!って素人の私が見とれてしまう存在感!
これは絶対に写真撮らなきゃ・・・と飼い主に頼み込んだところ快くOK(笑)
岳峰号(讃岐南風荘)
20071104204957.jpg

後で分かったんだけど、参考犬で出展されてた模様。。
さすが参考犬てとこですかね(*´ェ`*)b

昼からの二次審査もまた午前中話したおっちゃんと一緒に見学。
そこで初めて間近に審査員を見たんだけど、軽くビックリw(゚o゚)w
恐らく、四国犬に関しては現在最も著名な方だとお見受けする門田忠夫先生です。
四国犬党には人気のある審査員だと聞きました^^
落ち着きのある犬、ガウる犬、いろいろいて見飽きませんね♪
20071104214044.jpg


そしてリクの親元ご主人の登場。
残念ながら今回は3席(;´Д`)
そして最後の本部賞受賞は・・今回は雌!
名前は・・・忘れましたm(_ _)mスミマセン(´д`;)
しかもピンボケてるし、ちゃんとしたボーズじゃないし散々な写真でスミマセン。。
20071104214126.jpg


てことで本日の中国連合展も終了。
感想は、当たり前だけど同じ四国犬でも顔カタチ性格全然違うんだなぁって素直に思ったかな(笑)
リング内で微動だにしない犬もおれば、鳴いたりガルガルやったりもおるし。。
三角形の目型もおればリクみたいにアーモンドアイもおるし。。
非常に新鮮で楽しんで見れました^^
で、素人の私にいろいろ教えてくれてずっと付き合ってくれたおっちゃんには感謝でいっぱいですm(_ _)m

来春はリクも出展だぁぁ!!

  1. 2007/11/04(日) 21:37:25|
  2. ~若一時代~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<~ノーリードの襲撃 PART2~ | ホーム | ~少々遅れて生後10ヶ月~>>

コメント

展覧会に出ている犬は筋肉が筋張っていて、さすがにカッコイイですね。
他でも展覧会の写真を見ると赤胡麻が多いように思うのですが、どうなんでしょう?リキを飼う前は「四国=黒胡麻」と思っていましたが…。
甲斐犬の写真!私が幼少の頃から昨年の夏まで、我が家には常に甲斐犬がいました。同じ日本犬中型でも四国(リキしか知りませんが…)とはまた違う良さがありました。より古風とうか、より野生というか。今の甲斐犬は黒虎が大半だと思いますが、うちにはとても綺麗な赤虎もいました。ゆくゆくは赤虎の甲斐犬!飼ってみたいです。
  1. 2007/11/04(日) 23:45:10 |
  2. URL |
  3. リキパパ #-
  4. [ 編集]

リキパパさん>
ずっと一緒に話してたおっちゃんも甲斐犬の出展は初めて見たとゆーてました。
出展されたのは画像の一頭だけですが、他にも一頭甲斐犬がいた模様です。
四国犬とは違った野性味が素晴らしいですね♪
差尾が印象に残る虎毛の一頭でした。

で、やはり今回も赤胡麻が多かったように思います。
続いて胡麻、黒胡麻って感じですか。。
毛色にも流行があるらしく、今は赤系がトレンドなのでしょうか(笑)
しかしまぁ、皆筋骨隆々ですげぇなぁ・・と見とれてしまいました。
特に壮犬、成犬はその辺が顕著に分かります。
若犬はまだ身体が発展途上なのか、そこまで筋骨隆々はいなかったように思います。
うちらはこれからですね♪
  1. 2007/11/05(月) 09:03:41 |
  2. URL |
  3. atoman #Ue1/RQkI
  4. [ 編集]

岳峰号、一言で言って きれい!
すてきです。参考犬ともなるとオーラすら出ている感じがします。
みんなに紹介されて リングを歩く様はモデルのようですもんね。

私は展覧会で初めて赤胡麻を見ました。
優しい印象を与えますね。
実際落ち着いた子が多いように思われます。

展覧会は出るのも見るのも楽しいです。
次回はリクくん、がんばってください!
  1. 2007/11/05(月) 22:03:06 |
  2. URL |
  3. テツのかあちゃん #-
  4. [ 編集]

こんばんは。
展覧会見に行きたかったけれど行きそびれてしまいました。
四国犬の集合図、見たかったです・・・。
系統の話など専門的なことはとんと分からず、
「綺麗やなあ」「カッコええなあ」「迫力あるなあ」
などとミーハー的な感想しか思い浮かびませんが、
どの子もマッチョなことにびっくりです。
一日どのくらい運動させてるのでしょう!
甲斐犬もとても綺麗ですよね。
昔知り合いが飼っていた甲斐犬は子守(人間の赤ちゃんの)も
こなすという、まさに「気は優しくて力持ち」なタイプの
家庭犬でした。
今思えば中型日本犬としては珍しい性格の子だったのかも。。
話はずれますが、ブログを遡って読ませて頂いてて
なんだか聞いたことあるような名前の四国犬が
登場していましたのでゆめの血統書を引っ張り出してきましたら、、
雲嶽号はゆめのおじいさん、嶽峰号はひいおじいさんでした。
嶽峰号って有名なんですか?無知なもので・・・
リク君とゆめは遠い親戚ですね!なんだか嬉しかったです。
うちみたいなヘタレが親戚ですみません!(笑)
  1. 2007/11/05(月) 23:01:01 |
  2. URL |
  3. フジウラ #8VzF2uEc
  4. [ 編集]

テツのかあちゃんさん>
岳峰号、一番の印象は毛質です。
すごく綺麗で、また管理も行き届いてました。
なんか、ジェントルマンって雰囲気がありましたね(笑)
また飼い主のご夫婦とのパートナーシップも信頼感いっぱいだなぁと感じました。

今回の展覧会で感じたこと。。
気性の荒い中型日本犬と言われますが、実際には闘志を内に秘めて落ち着いてるというか・・ここって時に爆発するような雰囲気の犬が多かったです。
まぁ、それが日本犬たる所以でしょうね。

リクも幼稚犬時代に一度出展しましたが、今度出る時は若2。
性格の甘さはどーしよーもないけれど(苦笑)、こっちの管理でどれくらいの評価を頂けるのかが楽しみ♪
きっとテツくんも春までに一段と素晴らしくなることでしょう^^


  1. 2007/11/06(火) 15:59:04 |
  2. URL |
  3. atoman #Ue1/RQkI
  4. [ 編集]

フジウラさん>
おぉ~w(゚o゚)w もしいらしてたらお会い出来てたかも・・・ですね^^
さすがに四国犬があんなに多くいたら、リク同様私も心中はワクワクでした(笑)
中国連合展であの数なのに、全国展なんて・・・一度行って見たいです。
まぁ私もミーハー的におぉ~すげぇ!とかデカイ~!とか怖っ!とかそんなんばかりでした(笑)

運動量ですが、仲良くなったおっちゃんに聞いたところ、チャリで雄平均10km/日前後、雌はその2/3~半分くらいではなかろうかとおっしゃってました。
甲斐犬はうちらの近郊ではまず目にすることないですね。
しかし子守する甲斐犬なんてすごいじゃないですか~w(゚o゚)w
でも家族にやさしい日本犬ですから、その素質は教育次第で伸びそうですね。

てか、ゆめちゃんとリク、親戚だったんですね♪
なんだかめっちゃ嬉しく喜ばしい話です^^
ちなみに嶽峰号は89回全国展内閣総理大臣賞、雲嶽号は91回全国展文部大臣賞です。
いずれも黒胡麻のガッチリしたタイプで、ファンの多い犬です。
雲嶽号はリクのひぃおじいちゃんなんで、ゆめちゃんと1世代違うってことですね♪
黒四つ目大ファンの私としては、ゆめちゃんと同じ系統が入ってるなんて光栄なことですヽ(´ヮ`)ノ
こちらこそ今後とも何卒宜しくですm(_ _)m


  1. 2007/11/06(火) 16:19:32 |
  2. URL |
  3. atoman #Ue1/RQkI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://anarchic.blog68.fc2.com/tb.php/93-74d0f90c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

atoman

Author:atoman
welcome to my doghouse! ^_^
RICOH GRD3で綴る犬景色。
※画像の無断転用禁止致します

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。